ミニセグウェイ【危険】 - まだ買うな、まだ乗るな

ミニセグウェイ

ミニセグウェイとは、その名の通りセグウェイのミニ版です。セグウェイと言うとどんなものか想像できる人も多いでしょう。大きなタイヤが着いていて、立ったまま乗るあの近未来的な乗り物です。最近では空港の職員が乗ったり、軍隊だか警察だかでも活用されてるようですね。そのセグウェイのハンドルのないタイプ、それがミニセグウェイです。スケートボードのように足だけで立って乗ります。もちろんスケートボードではなくセグウェイですから、足で地面を蹴って進むようなことはありません。電動式でタイヤが動いて進むのですが、体重移動することで前に進んだり後ろに進んだり、方向を変えたり速度を変えたりします。はっきり言って面白いです。このサイトでは、そんなミニセグウェイの魅力、実際に購入する際の手順や注意点、いくつか種類がある中でどのミニセグウェイが良いかの選択方法などをお伝えできればと思っています。

ミニセグウェイは公道を走れるの?

ミニセグウェイは大変面白い乗り物ですが、残念ながら公道を走ることは許されていません。公園や自宅の庭などの敷地内でのみ走らせることができます。たまに街中でミニセグウェイに乗っている人を見かけるかもしれませんが、それはいけないことです。警察とかに見つかったら、きっとお叱りを受けるでしょう。
逆に、公道を走らないものですから、免許などは必要ありません。つまり年齢制限もないわけで、小さいお子さんなどが公園でミニセグウェイに乗って遊んでいる姿はたまに見かけます。

ミニセグウェイの正規品って?

ミニセグウェイは、正規品かどうかを気にしなければいけない商品です。先にも説明した通り、日本では公道でミニセグウェイに乗れませんので、日本で積極的に製造されていないのです。ほとんどのミニセグウェイが輸入品です。輸入品の中には、粗悪品で電気系統の異常なのか火を噴いたようなものもありました。値段が安いからという理由だけでミニセグウェイを選ぶと危険ですので注意が必要です。楽天やamazonと言ったネットショップでも良く見かけますが、楽天やamazonに出品されているからと言って必ずしも安全なものとは言えないのが悲しい現実です。楽天やamazonも出品物に関して審査はしていますが、細かい点まで審査していないのが現実です。例えば、日本の電気系の企画でPSEというものがあるのですが、その認可が取得できてないミニセグウェイも出品されていたりします。くれぐれもどのミニセグウェイを選ぶかは注意して欲しいのですが、どのようなミニセグウェイを選ぶべきかをこのサイトでは詳しく説明していきたいと思います。

ミニセグウェイ


ミニセグウェイ へのコメント